親離れと子離れ

娘が実家を出て1人暮らしをはじめたのは、3ヶ月前のことでした。

1人暮らしをはじめたい理由は、駅まで自転車で通うのが億劫だからという理由でした。一時、スクーターでも買って駅まで通うかどうかと悩んだらしいのですが、スクーターの購入代や事故の可能性を考えて、1人暮らしを選んだようです。

1人暮らしを始める際、娘はこんなことを言いました。

「仕送りとかいらないから」

私は当然、送るつもりでいたので、驚きました。

「いらないって、大丈夫なのか?」

「子どもじゃないんだよ。お金だって稼いでるし」

「そりゃあ、分かってるが……」

少々このことで意見はもめましたが、結局は娘の要望通り、仕送りはしないということに決定しました。

「どうして仕送りが入らないのか?」という直球の質問はしませんでした。大体分かっていましたから。娘からしたら、いい加減親離れをしたいという気持があったんだと思います。

私は自分で言うのもあれですが、相当な親バカだと思います。娘を過保護にしすぎたと反省すら感じるくらいです。

娘が中学生くらいまでは、そんな私を悪くは感じていないようでしたが、高校生になると、自立心が目立ち始めて、何かと心配してくる私に対して息が詰まる思いを露にするようになりました。

私の娘の場合、汚い言葉でそれを表したりしたりはしなかったので良かったです。世の中には、親への不満を、相手を傷つけることで晴らそうとしてしまう子もいますから。うちの子は優しい子で本当に良かったです。

態度でそのようなことを表したりは決してしませんでしたが、「明日朝早く出かけるけど、起こさなくていいから」、「お弁当は自分で作るから」、「携帯電話のお金くらい自分で払えるから」など、娘は私が生活に介入するのをなるべく避けるようにはなりました。なるべく私を傷つけないよう、離れようとしていたのでしょう。

子どもが親から離れようとするのは、成長の現われです。本来は喜ぶべきことではありますが、親としてはどうしても悲しく感じてしまうものです。

子どもが親から離れたくなるのを感じたら、親も子どもから離れる努力もしなければいけないのでしょう。でなければ、一生親は子のことを考えて勝手に満足し、子どもは一生それを重荷に感じてしまいますから。

親離れは子離れのタイミングでもあり、そして子だけではなく、親も成長しなくてはいけない瞬間なのでしょう。

大阪の婚活パーティー

人間関係と第一印象

私は今年で33歳です。

27歳ごろから「人間関係ってもしかしたらすごく重要なものなのかもしれない・・・」と思うよ

うになりました。

若い頃は「どうせ仕事だけの関係」とか「学校が終わったら別々・・・」なんて淡白に考えていました。

元々人付き合いが上手じゃない私は人と一緒にいるときにとても気を使ってしまいます。

特に女性には気を使うことが多いです。

「あの会話はダメ」とか「失礼な質問だ~」とか色々めんどうな事が多すぎます。

女性は嫉妬する人も多いので私はなんか苦手です。

若い頃はそれでもなんとか仲良くしようと思って努力しましたが

結局女子の友情ってそう簡単に築けるものではないと思うようになりました。

こっちがよくしたとしても、男関係のトラブルっていうか、

「私の好きな人があんたの事好きなんだって・・・・」というようなことがあれば

それでthe endなこともあったり。

こんなことで友情がなくなるんだって感じです。

もちろんそういう友達だけではありません。

かくゆう私も数少ない本物の友達がいます。

30歳を過ぎてからはそいいう友達は何がなんでも大事にしています。

絶対失いたくない友情です。

私はお金よりたった一人の親友がいる方が幸せです。

私は第一印象がとても静かなタイプに見られます。

でも実際は“干物女”で遅刻はするはいろいろ適当だわ・・・

静かでおとなしい人というより、結構おもしろいタイプって感じです。

最初にイメージと違うと言われることがほとんどです。

ほぼ100%第一印象と違うと言われてしまます。

そのギャップに「つかみ所がない」とか「解読できない」と言われてしまうので

どうにか第一印象を変えてみようと努力しましたが全然ダメです。

今は結婚して旦那の仕事の関係で海外にいるので語学学校に通っています。

好かれる人には好かれるっていうか、どっちかっていうと男性とは仲良くなれるのですが

女性は50%が仲良くなれるけど50%は嫌われてしまいます。

ひどい時なんか話したこともないのに嫌われてしまいます・・・。

今日も同じクラスのベトナムの女の子に毛嫌いされたので

「まぁいつもの事か・・・」と諦めていましたが、仲の良い同じ日本人の男の子が

そのことに気がついているようで、なんか気まずかったです。

人間関係って難しいもんですね。