怪我をしたスギちゃんの内心

お笑い芸人のスギちゃんさんが、番組収録中に大怪我を負ってしまったそうですね。最近「面白いなぁ~」と思っていた芸人さんだけに、心配してしまいました。

スギちゃんさんといえば「ワイルドだろぅ~」で御馴染みですが、さすがに大怪我をするほどワイルドになってしまっては困るというものですね(笑) ワイルドも程ほどに、一発屋で終わらないように長らくがんばってもらいたいものです。

しかし、人気絶頂中の大怪我で休養というのは、損失額は多大なものとなってしまうことでしょう。一説では、損失は1億円以上とも言われているそうです。

それはそうでしょうね。彼を起用していた番組の損失も当然ながら、本人自身も収入に大きく関わるのですから、大変な問題です。はたしてこの場合、ちゃんと賠償金がおりるのでしょうかね? 仕事中の事故なのですから、でないと問題ですよね。

そういえば、スギちゃんの代役として、小島よしおさんの起用が増えているそうですね。一発屋として一瞬輝いて消えると思われていたのですが、地味にがんばり続けている小島よしおさんにとっても、これは内心ラッキーではあったかもしれませんね。

この事態をはたしてスギちゃんさんはどう思っているのか、気になるところです。代役を務めてくれて嬉しい反面、悔しさもあるんじゃないでしょうかね。

私も似たような経験が過去に何度かあります。あれは中学生時代の野球部のときのことでした。

3年の夏の大会、最後の大会です。私はセンターのレギュラーを獲得していたのですが、大会の直前の練習中に骨折。最後の大会はベンチで苦渋の思いを隠して応援するということになってしまいました。

あれは本当に悔しかったです。正直言うとですね、応援にも力は入りませんでしたよ。自分が出ていない試合なんて私は面白くもなんともありませんでしたから。試合に勝って、みんながちやほやされて自分だけ取り残されたらたまらないと思っていたんです。

高校野球とかでも、ベンチで応援している人いますよね。あの人たちの中にも「負けてしまえ!」って思っている人絶対にいると思います。自分が活躍で機内という事は、本当に悔しいことなんですから。

今のスギちゃんさんも、多分悔しくてたまらないと思いますよ。

優しい人と意地悪な人

世の中には“優しい人と意地悪な人”がいると思います。

子供の頃は小学校で「自分が嫌なことは人にはしない!」って教わったはずなのに

どうして他人に意地悪しようとする人が存在してしまうんでしょうか。

分析してみると

・誰かに意地悪する事でどこか自分が満足する事がある

・だから自分の不幸や嫌な気分を解消する為に誰かに意地悪する

どこかで聞いたことがありますが「他人から受けたストレスは誰かを傷つけて解消する」という

人間のDNAがあるそうです。

神様は一体どうしてそんなDNAを組み込んだのでしょうか。

人間はそういう人に“八つ当たり”するDNAを持っているわけですが

かと言ってやられた人がまた誰かにストレスを発散してしまえば

それって永遠に終わらない話ですよね。

世の中に嫌な奴はいなくならないし、みんな全員と上手く行くことなんてあり得ない。

世の中優しい人だけって結局無理ってことですよね。

少し発想を転換してみると、

最近のフィットネスジムでおもしろい話を聞きました。

入口で勧誘するスタッフは

・お客様が女の人の場合イケメンをつける

・お客様が男の人の場合きれいな・かわいい女性をつける

という方法で顧客獲得率をアップしているそうです。

つまり同姓同士がどうにかお互いが上手くいくようにするには時間が掛かるけど

異性同士の方が簡単に上手くいく!というわけですよね。

だったら色んなことを男性と女性のペアにしてしまえばいいのに。とたまに思います。

まぁそうしたとしても「キモイ!」とか今度は男女のトラブルが発生してしまいますよね。

とにかく大人になったらそれ相応の大人のマナーっていうか

人に意地悪するとか嫉妬するとか、そういうのは辞めて欲しいと思ってしまいます。

たまに優しい人ってそんしている事が多いよなぁと思ってしまうことがあります。

でもそれで仕方ないんですよね。

きっと誰かが見てる!いつか宝くじが当たる!と思って私は嫌な奴がいても無視して無視して

なんとかがんばっています。

男の人には人気があるんですけどね~。性格の悪いモテナい女性には

「もう勘弁してくれ」ってくらい嫌な態度にあっています。

「モテないのは私のせいじゃない!お前の性格が悪いんだ!!!」って大声で言ってやりたい気分です。