本当の愛情表現

今日はバイクの洗車をしました。朝9時からはじめて、気がついたらお昼のサイレンが鳴る時間帯までもくもくとバイクを綺麗にしました。

かれこれ、バイクの洗車なんてしたのは2年ぶりくらいだったでしょう。いえ、もっと前だったかもしれません。こんなこと言ったら、全国のバイク愛好家さんから「愛着の無いやつだ!」などとお叱りいただいてしまいそうですね(笑)

ですが、バイクに対する愛情表現は洗車して常にきれいにしておいてあげることだけではありませんからね。汚くたって、定期的に乗ってあげる事だって大事な愛情表現なのです。むしろ、乗り物なんですから、乗ってあげるほうが正しい愛情表現だと私は思いますね。

時折、バイク関係のお店に行くとこんなバイクが駐車場に止まっています。ピカピカで新車同様の汚れの無いバイク。錆なんてとんでもない、くすみすらありません。クロームメッキは鏡のようです。

このようなバイクに乗っているのは、だいたい二つに分けられます。本当に愛着があり、たくさん乗るけどたくさん洗車もする人。そして、ガレージ保管で月に一度程度しか乗らないペーパーライダーさん。この2タイプです。

前者はともかく、後者のバイクを見ると「可哀そうだなぁ……」と、つくづく私は感じてしまいます。たまにそんな人とお話しすると、月100キロも走らないとか、年間1000キロ走れば良い方などと、まったく持って乗り物としての活躍をさせていないのです。これが俗に言う“盆栽バイク”というやつです。

この盆栽バイクほど可哀そうなものはありません。綺麗すぎるバイクに比べたら、泥汚れが目立つフェンダーや、くすんできたメッキパーツ、焼きが入っているマフラーなどを備えている小汚いバイクのほうが、よっぽど素敵に見えます。

バイクを綺麗にしたいがために乗らない、洗車ばかりに気を配って乗る時間を減らしてしまうというのは、本末転倒です。

まぁしかし、これはあくまでも個人的意見です。実際は、乗りたくても乗れない人も世の中にはたくさんいて、盆栽バイクにせざるを得ないということもあるのは事実です。乗れないのなら毎日少しでも触って綺麗にしてあげたいという考えも、確かにあります。

でも私は、どんなに時間が無くても、数分でもいいから家の周りを走るくらいの事はしてしまいます。やっぱり、本当に好きな人は時間が無くても乗っちゃうんじゃないかな?(笑)

新型カローラフィールダー

韓国の食堂

私は韓国の食堂が好きです。普段は人が多いところは嫌いですが

韓国は人が多いところがいい!

みんな美味しそうにご飯を食べてリラックスしている感じがなんとも言えず

いい雰囲気を醸し出しています。

ここには色んな人がいます。

家族で食べに来ている人達。カップルで来ている人達。1人でちょっと寂しそうなおじさん。

韓国では「1人でご飯を食べると寂しそう・・・」という雰囲気があるそうで

おじさん以外には1人で食べている人はほとんどいません。

たまにお姉さんが仕事の合間に1人で食べていたり、おばちゃんが1人で食べていたり                                                                                                                                                                                                               

しますが、なんだかちょっとばつが悪そうな感じです。

日本だと「別に1人でも全然いいじゃん!」とか「たまには1人がいいよね~」

とか“1人で食べること”に全く抵抗がないような気がします。

仕事に疲れて職場のデスクでも「静かにしてくれよ~」どうしていちいち俺に話しかけるんだよ。

と言いたいくらいなのに楽しみのランチくらいは俺の好きにさせてくれ~と言ったかんじで

1人で食べるのが好きな人も多いような気がします。

韓国の食堂は基本入口の食券売り場で食券を買って、各食べ物のコーナーにとりに行くという方法です。

食券に番号が書いてあってその番号が呼び出されるので、呼ばれたらとりに行きます。

韓国人は細かいことを気にしない民族な気がするので、

多少自分より前の人が呼ばれることがありますがさほど気にしていないようです。

食堂のメニューは日本人も良く知っている

・ビビンバ

・プルコギ(辛くないので辛いのが苦手な人にはオススメ)

・イカの唐辛子炒め

・とんかつ

・スンドゥブ

・キムチチゲ

などが定番です。

とんかつは日本から来たものとして人気メニューになっているようです。

しかし日本から来たというのに、韓国のとんかつは薄い事、薄い事。

完全に美味しくありません。かかっているソースもケチャップとソースを混ぜたような

お子様ランチ的なソースで美味しくありません。

しかし値段は500円前後と安いのに、スープやサラダ・キムチなんかもついてくるので

日本のとんかつよりは手頃な値段です。

しかしせっかく「日本から来たとんかつ」というように紹介されるのであれば

もうちょっと日本に近いものを出してほしいなぁと思う今日この頃でした。